2016/01/23 17:28:23 | 外壁塗装・リフォーム

私が住んでいる家は築26年の結構古い家なのですが、新築したときに結構気を遣い、基礎も内部もしっかり作って貰ったためまだまだ元気です。しかし外壁塗装はどうしても定期的メンテナンスが必要な部分であり、また、風雨に直接晒されるため、どうしても痛んでしまいます。そんなわけで、今回両親と相談し、外壁塗装を業者さんにお願いすることになりました。

 

地元のお世話になっている、信頼出来る業者さんがあったため、頼むのはそこで問題なかったのですが、塗装と一口に言っても、色から機能までそれこそ何百と種類があるようで迷いに迷ってしまいました。

 

色々悩んだ結果、暖房費や冷房費が抑えられるとのことで、断熱効果のある塗料を選び、屋根までの全面塗装をお願いしました。しかし塗料によって断熱とかも出来るのには驚きました。このような塗料の機能や技術は、一般人とは縁の無い世界で、表にもあまり情報が出てこないため、色々お話を伺って新鮮でした。

 

今回は予算の180万円を切り、それでいて外壁全面も屋根も断熱塗装にして貰ったため、今では見た目も住み心地も快適そのものです。屋根まで全面塗装して貰ったので、次に塗装するのは当分先になりそうで、安心して長いこと暮らせそうです。

2015/07/24 16:01:24 | 外壁塗装・リフォーム

部屋のリフォームをせっかくするなら部屋を広く見せたいものですよね。
部屋というのは壁紙や床、天井の色でいくらでも広く見せることが出来るのです。
なのでどういう色にすれば部屋をより広く見せることが出来るということを解説してみましょう。
まず重要なのが、部屋を広く見せるには床と壁の色は必ず別の色にしなければいけないということです。
そして3か所の中でも壁の色が一番重要で、とくかく壁の色は明るくしていきましょう。
この時明るい色ならとくに指定はなく、自分の好きな色を選ぶといいのですが、先ほども書いた通り床の色とは被らないようにします。
そして壁の色を決めたら今度は天井の色を決めていきます。
天井の色は壁の色を少し明るく下色か壁の色と同じにするといいでしょう。
これによって壁との境を感じないので、とても解放感が生まれます。
他にもカーテンの色というのも重要で、カーテンの色が濃かったりすると雰囲気が重くなるのと同時にやはり部屋が狭く見えてきます。
さらには家具の配置などでも部屋の広さは変化します。
これはできるだけ真ん中のほうに空間を作り、部屋の隅のほうに家具などを設置すると広く感じることが出来るというもので、簡単に出来るのでなかなかにおすすめです。

2015/07/11 15:43:11 | 外壁塗装・リフォーム

どうにもネットなどで調べてみるとリフォームしたいところの一番はトイレやお風呂などみたいですね。
私も例にもれずお風呂とトイレのリフォームを同時に行いましたので、良かった点についてまとめてみますので、今後ここら辺のリフォームを考えている人は参考にしてくれると嬉しいです。
まずはお風呂で私の家はリフォーム前は蛇口を捻ってお湯を途中まで入れて、残りに水を入れてちょうどいい温度にするというとても面倒なものでした。
しかしリフォーム後は温度を設定しておいて後はお湯針を押すだけで、これにはとても感動しましたね。
しかもお湯の量やお湯張りを始める時間なんていうところまで設定できて、まだ使っていない機能もいっぱいありそうです。
シャワーについてもそれまでは蛇口式だったのが、シャワーについているボタンでお湯の開閉ができるようになって、これによって洗い終わったらすぐ水を止めることができるようになりました。
次にトイレですが、こちらの一番の進化はウォッシュレットがついたことでした。
これによってとても優しく洗うことができて、なんだかちょっとトイレが好きになりました。
ちなみに水を流すのもリモコンでボタンを押すだけなうえに、大と小のボタンで水の量を調整してくれます。

2015/06/26 16:40:26 | 外壁塗装・リフォーム

自宅の外壁塗装を考える場合、価格も適切で良質な業者を選択したい時は、なるべく3社以上の複数の業者から見積もりを取るのが効果的です。
幅広く業者を比較する事で、大体の塗装工事の相場が把握できますし、予算に見合わない業者は直ぐにリストから除外できます。
ただ余りにも価格が安い業者も、今話題の手抜き工事のリスクも考えられなくはないので、事前に注意を払う事ができます。
手の込んだ塗装に仕上げて貰うには、それなりの時間と労力が掛かるのは当然なので、きっちりと適正な価格帯を設定している業者がベストです。
実は外壁塗装は、特別な資格や免許を有さなくてもできる仕事なので、初めて外壁塗装を業者に依頼する際はインターネットにホームページも持っていて実績豊かな所を選ぶのがいいでしょう。
ちなみに塗装職人の中には、1級または2級の塗装技能士の資格を保持している人も存在します。
例えば1級塗装技能士の場合は実務経験が7年以上ある人にしか与えられず、2級塗装技能士は2年以上の経験が求められます。
少なくとも塗装技能士の資格を持っている職人は、一般試験にパスできる程の専門知識と塗装技術を持ち合わせてる証拠にもなるので、業者をピックアップする際は職人の資格の有無を問い合わせてみても良いでしょう。
また外壁塗装工事は、家を囲うように大規模な足場を組む事になるので、万一何かの事故で近隣住民に損害を与えるリスクも考えて保険に加入している業者が多いです。
勿論足場は専門職人が組み立て、塗料も飛散しないように防護シートを敷くなどの万全な対策を行っているので、損害事故が起こる事は余程の事が無い限りないですが、心配な人は契約前に業者側に確認するのがいいと思います。
ちなみに外壁塗装は工務店やハウスメーカーにも施行依頼はできますが、結局工事を担当するのは提携先の塗装業者になる事から、仲介料が上乗せされてしまう形になります。
ですから、工事代金を少しでも節約したい時は、直接塗装工事の専門業者に初めから依頼するほうが見積もり価格も安くなるので、是非覚えておきましょう。
では最後に、おすすめのサイトをご紹介したいと思います。
こちらのサイトは、外壁塗装やリフォームの業者に一括で見積もりを出してもらえるサービスを展開しているサイトです。
こちらのサイトを利用すれば、一目瞭然で費用を比較することができますよ。
ぜひ、ご利用してみてください。

http://外壁塗装リフォームの価格費用.com/

2015/06/19 17:42:19 | 外壁塗装・リフォーム

自宅の外壁塗装やリフォームをする時はかかる費用が高いため業者の内容を比較して選ぶ方法が望ましく、事前に複数の業者の見積もりを比較して安くできる方法を探すと効果的です。外壁塗装はただ単に外壁を塗装するだけではなく壁の劣化を改修して安全に生活ができる状況にすることが重要で、リフォームをする時はかかる費用が高く効果を出せるように内容を比較して決める方法が望ましいです。
ちなみに、ネットで簡単に外壁塗装業者の比較ができるサイトがありますのでご紹介しておきます。
http;//外壁塗装リフォームの価格費用.com/

 

業者を選ぶ時は作業内容やかかる費用を確かめ安心して依頼できる内容を探し、支払い方法などを確認して今後の段取りを決めると効果的です。外壁塗装やリフォームをする時は今後の生活を快適に過ごせるように考え、業者のスタッフと気軽に相談できるように決めると最適な方法を選びやすいです。
住宅物件は長く使うと設備が摩耗するため状況を確認してリフォームをして安心して過ごせる環境を作り、周囲からの見栄えを良くするために外壁塗装をして色ちをしないように手順を確かめて最適な方法を決める必要があります。業者を正しく決めるポイントは利用者の口コミなどを参考にすると流れを知ることができ、スタッフと気軽に相談でき最適な方法を考えられるように段取りを考えると満足できる内容にできます。

2015/06/05 15:46:05 | 外壁塗装・リフォーム

新築の住宅であっても、数年くらい住み続けていると、さまざまな箇所が傷んでくるものです。壁などの傷ができてしまう程度であれば、放っておいても大きな問題にはつながりませんが、浴室やトイレのように水を使用する場所では、ちょっとした傷が大きな損傷に発展してしまう場合があるため、しっかりと対処をしなければなりません。水廻りの修繕・修理は、素人の技術では難しい部分が多いため、専門の業者に依頼する必要があります。

 

住宅のリフォームを行う場合は、気になっている箇所をまとめて処理してしまうのが効率的です。浴室だけ、トイレだけ、というように一部のリフォームを行うこともできますが、しばらく生活していれば別の箇所もリフォームが必要になるものです。一度に処理してしまう方が、費用の面でも時間の面でも無駄を省くことができます。

 

リフォームを行うに当たっては、しっかりと計画を立てることが大切です。多くの業者があるため、安易に依頼することは避けなければなりません。良質な業者に依頼するようにしないと、適切な作業を行うことができません。複数の業者を比較して、安心感のある業者を選ぶことで、確実なリフォームを行うことができ、快適な暮らしができるようになります。

2015/06/04 15:32:04 | 外壁塗装・リフォーム

家を良く見せるために外壁塗装をするという人は非常に多いです。近年は優れた業者の登場によって色々な仕事にも期待できるようになっています。特にリフォームでは業者の力が高いだけで結果にも期待できます。
外壁塗装に対しては便利なイメージがあってそれは正しいです。日本の外壁塗装は信頼できる業者が関わっているので知っている人も沢山います。また、こういったリフォームの話題が増えていく中で知識を身につけているユーザーもいるのです。
普通に考えると外壁塗装ではどこかの業者を雇うことになります。インターネットを見るだけでも大量の候補があるので内容は重要です。個人で判断するなら評価と仕事の効率を重要に考えます。
もちろん優れた外壁塗装の業者なら格安で仕事もスピーディーです。無駄な作業が少なければ個人が得るメリットも増えます。実際に自分で決定をするので外壁塗装の仕事の手順を把握するのは基本です。
外壁塗装の業者が増加しているのはそれを求めるユーザーに関係します。近年では古い住まいをリフォームするという方法が流行しています。そこに業者が目をつけて会社も多くの仕事を抱えています。
現代は外壁塗装をしてより優れた家のイメージを作れます。そこに業者が関わるのは当然で利用者は重要な決定をしていきます。

2015/06/01 19:03:01 | 外壁塗装・リフォーム

一戸建てに長年住み続け、経年劣化した場合、リフォームを行う方も多いです。
リフォームには最近は様々な方法がありますが、気を付けるべきこともたくさんあります。
まずはリフォーム会社選びとなりますが、リフォーム会社を選ぶにあたって大切なことがあります。
それは、リフォーム会社によっては、たとえば詐欺まがいのリフォーム会社などもありますので、注意が必要となります。
たとえば、よくチラシなどで入っているリフォーム会社の場合、詐欺である可能性もありますし、また全く実績がない会社である場合も多いです。
実績がない会社でもリフォーム会社を名乗ることは可能なので、こうした会社に引っかからないように注意する必要があります。
せっかく何百万と言うお金を出すのですから、失敗のないように注意をする必要があります。
また、リフォームをする際には、料金などを比較検討する必要があります。
料金などはリフォーム会社によって違いますし、またどこの部分をリフォームするかでも変わってきます。
ですので、リフォーム会社によって見積もりが違う場合もありますので、複数社に見積もりを出してもらうことをお勧めします。
ここで、法外な見積もりを出してくるリフォーム会社は避けたほうが良いといえるでしょう。